開発日記兼雑文置き場

ゲームを作るときの開発日記や色々な娯楽の感想を書きます。

雑文・アイデア

hetero会(2020/8/17)

後で追記予定(2020/8/19)
追記終了(2020/8/20)。だいたいメモでどんな話をしたかを下に書いた。

アスロマメモを保存(嘘や適当が混じっている恐れあり)。
hetoroさんがここは隠したいってところがありましたら黒海苔入れます。

no title


ゲームの素材を頂いた方とバグを潰して下さった方に感謝してゲーム完成させようぜ
あと、恋声(ボイスチェンジャーソフト)チェックしようとしてできていないわという話。

リョナ系Vtuberとはなんぞや?と思って最近フォローしたりしたという話をした


1

1.
「何かやりたいことありますー」と聞いたところ
heteroさんは「ラブレターを書きたい」とのこと
素敵な話だなーと思った。

ラブレターがわりとして小説を作りたいとのこと。

私がゲーム作るのはラブレター書いているようなものだなと思った。

後、昔アスロマがデースキラーってキャラクターをゲームに投稿してましたよね
とか、
heteroさん「たかし」ってゲーム作ってましたよねとか
「戦中無策」(メモでは思い出せず船中無策だっけと間違えている)という
ゲームをheteroさんが作っていたという話をする。

四月馬鹿達の宴(フリーゲーム)がそろそろ公開停止されるらしいので
落とした方がいいですよとheteroさんから聞く

昔、"とさつさん"というハンドルネームだった方が今"あらばきさん"になっていて
人生思考囲いというネットラジオをやっているのが面白い。
漫画やアニメの情報をそこから仕入れているという話をする。

2

2.
ネットラジオはなかなか古い感じがすることしてますねという話になる。
確かに今だとVtuber的な動きも入るのが多いし、
生放送とかでコメントがリアルタイムに配信されるのが多いかも。
耳だけで聞けるのは利点。

ソシャゲの話をする、
アークナイツというゲームがタワーディフェンス型で面白いという話を聞く。
シルバーアッシュというキャラクターが超強いという話を聞く。

3

3.
heteroさんから「この素晴らしい世界に祝福を!」という小説が面白いと聞いた。
私は、めぐみんだけちょっと知ってる~という話をした。
ギャグとか下ネタありでコメディ調らしい

「なろう小説全然追えていない」という話をしたら
でもアスロマさんFFS(ファイナルファンタジーの二次創作?小説)をフォローしてますよねという話になる、
FFどれをプレイしたかとか、
最後にプレイしたRPGなんだったっけとか話す。



4

4.
FFSから話が流れて珪素さん(異修羅とかエグゾドライブの方)の話になる。
あと、魔王14歳さん経由で幻想再起のアリュージョニストも気になっているが読めていないという話もする。
途中でアイドルものになったりするらしい、
私はアリュージョニスト途中から百合ものになると聞いたと返す。


5

5.
アスロマはアニメだとケムリクサを全部見たという話をする。
考察をみてなるほどとは思うが自分自身では深く見れていない気がするとも話した。

heteroさんはサブスクリプション制のサービスとかで気になったアニメをガッとみたりするらしい。

アンディーメンテの小説とムービーと音楽が好きという話をした。
ゲームはなんだか私には合わないがパワーを見習いたい。

6

6.
フリゲサークル:ステッパーズ・ストップをどこで知ったかという話をした。
パソコン雑誌のおまけで知った気がするとのこと。
また、heteroさんはフィラデルフィア演義が小説部分も込みで好き、
私はLispha.(リスファ)が好きだという話をした
Unity(ゲームとかのプログラミング)の本を買ったけど全然読めていないという話をした。


7

7.
heteroさんがポーンさん(ステッパーズ・ストップ)とあったときのオフ会の話を聞いた。
ポーンさんは徹夜でカードゲームの検討をしていたそうで熱量を感じたとのこと。

そのオフ会は一人一品自作のゲームを考えて持っていく(たぶんアナログゲーム)
という超面白そうなオフ会だったらしい。

私も昔ポーンさんに会ったのだが大人数だったし日帰りだったのでそこら辺の熱量が中々見れなかった。
でもウツセミさんの創作ノート見たぜ!という話をした。


8

8.
今までアスロマが4回くらいネット上の友人に会いに行ってこんな方にあったよーという話をした。

青い鴉さんの組み立ての果てのヘレン、
ゲームマーケット2日目にサンプルだけみたけど、
見た目すごく面白そうだけどどうなの、
説明書が分かりにくいところがあったと聞いたがどうだった?
と聞いたりした。


9

9.
「アスロマさんはどうしてリョナゲーを作るようになったのか」
という話に対して
「なんだかリョナ絵掲示板から辿って
 面白そうなことしているスレがあったから……」
と、あいまいな答えを話した。

10

10.
リョナゲーを作ったのはなぜかやる気が出たから。
「エッチなのを書くのは恥ずかしいし……、
 よし!人が死ぬのを書こう!」
自分で話していて"自分はそう思っていたのか"と思ったりした
エッチなのも書こうね。

heteroさんがボードゲームアリーナというのでDiscordで話しながら
ボードゲームやったりするという話を聞いた。


11

11.
リョナゲー作ってる人間は異端者なので
声とか本人バレしやすいものをネットに上げるのが抵抗があるという話をした。

heteroさんが昔触った作りかけのリョナゲーを特定しようと調べたりした。

帽子世界というフリーゲームがロマサガ系のひらめきや陣形があって面白いよーという話と
四月馬鹿達の宴が公開停止になるという話を聞いた。

12

12.
サガ系だったらアンリミテッドサガクリアした―という話をした。
また、heteroさんがPSVitaで過去のPSアーカイブとかをやっているという話を聞いた。
その流れでガンパレード・マーチの話をした。


13

13.
今まで人生でこのゲームはすごいと思ったゲームは何?という話をした。
アスロマは「東京魔人学園」と「大悪司」を上げる。

サキュバスクエストの話をする。
アスロマは「老司書がでるのを少し触ったー」という話をしたが、
外伝的な扱いらしかった。今シェアウェアになってますねーと話した。


14

14.
胎界主をheteroさんは読んでいるかという話をした。
私は同作者の短編は好きだが、胎界主は読んでも全然わからないという話をした。
私は1部しか読んでいないのだが2部の方が分かりやすいらしい。

作者は宗教的なことに詳しそうだという話を聞いた。
宗教ではたとえ話を多く使うらしい

他に漫画は何を読んでいるかという話をした。
私はケンガンアシュラとか読んでいたが完結してから裏サンデー見てないなあという話をした。

15

15.
heteroさんから
「ワタモテ」とか「無能なナナ」とかを読んでいるという話を聞いた。

私が「絵を毎日練習したらうまくなれるだろうか」という話をしたら
暮郎さんが絵を毎日描いていてうまくなりましたよねという話になった。

暮郎さんは最近パンをずっと焼いている印象があるという話もした。


16

16.
heteroさんがTRPGに参加したことがあるという話を聞いた。
アスロマはルールブックだけいっぱい読んだけど参加したことは無い。

マーガレットとかTRPGとかキャラクターを作るタイプは
感情移入が強くてケンカが起きやすい?のではという話を聞いた。

s_senさんが仕事に忙殺されていそうでやや心配だという話をした。

17

17.
創作界隈は繊細な人が多くてケンカが起きやすいのでは?
という話を聞いた。

今後何をしたらいいのか、
ポーンさんみたいなゲーム作れるパワーを得るためにはどうすればいいのかとか話した気がする。

18

18.
ポーンさんはゲームをシンプルにして面白くしようとして
ジスカルドさんはゲームを拡大して面白くしようとしているよねという話をした。

「桜降る代に決闘を」が電子化されているので
ポーンさんの「ブレイドロンド」も電子化して欲しいという話をした。


19

19.
絵を描く適正と文章を書く適正の話をした。
絵を描く適正が全くない人たちよりは俺たちは行けるのでは!
という話をした気がする。

20

20.
やべえさんが音ゲーしながら別の人が言った掛け算を解いていたのを見たという話を聞いた
やべえ!脳の性能差だろうか。それともやべえさんが暗算適性が異様にあるのだろうか。

れれれという昔あったアナログゲームの前列後列が
2:2ではなく1:2か2:1の選択だったのだけど
なんでだったのだろうと話した。

21

21.
ステッパーズ・ストップの話題とかしていた。
時代は動画の時代では?高橋邦子形式が一般受けするのでは~?と話した

 22

22.
ステッパーズ・ストップの雪道は
雪道(ユキミチ)ではなく雪道(セツドウ)が一応公認らしいという話を聞いた。

s_senさんが最近ドット打っていて素晴らしいという話をした。
s_senさんの昔作った「濡れた約束」が個人的に面白かったという話をした。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
この後も会話時間取ったけどメモを残してないので記憶があまりない~!

私の
「悪役が物語上で裁かれないのは良いか悪いか?
 裁かれないと気分がモヤモヤするし、必ず裁かれるようにすると物語の幅が狭くなる気がする」
 という問いに対して

heteroさんが
「物語の観測範囲で裁かれなかったというだけなので、物語上で裁かれなくてよい」

という回答がとても好きだったのは覚えています。


heteroさん、色々ありがとうございました~。楽しかった!

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
s-sen1

heteroさんからもらった!

s_sen1

塗った!

やる気なんて起きないさ。ではどうする?作戦を立てよう。

雑文です。
文にすれば意味が生まれるかもしれない。

「やる気が起きね~」と、全然ゲーム制作に動き出せないので作戦タイムです。
あるいは最近どんなものに興味を持ったかの備忘録。

【第五人格というゲームを触っていました】

・「第五人格」というゲームを触っていました。
Dead by Daylightというゲームを対象年齢を広げてスマホでも遊べるようにしたようなゲーム。
非対称型対戦ゲームと言うような、1対4で戦う、ザックリ言えば助け鬼。

・面白い、鬼側をやっても逃げ側をやっても別の面白さがある。
・チャット機能があるのはいいが、
 ランク戦(勝つと段位が上がる)だと逃げ側ではチャットで喧嘩になったりするのでは。
・面白さとしては格ゲーとかに近い、上手くいった、上手くいかなかったとかの面白さ。
 キャラクターが立っているので二次創作は結構盛んそう。
・ちまちまと対戦ボーナスを集めてキャラクターを解放していったりするのは楽しい。
 日替わりで今日はこのキャラクターをお試しで使えますとやっているのもよいと思う。
・レベル120まで行けばスキルが最大限割り振れるのだが、そこまでがチュートリアルな気がする。
 とはいえ、私はそこまで行ったら満足して触らなくなるかも。

【かずのこさんというプロゲーマーのバイオハザードレジスタンスの実況とか見てました】

・これも非対称型対戦ゲーム。バイオハザードを4対1で逃げる側と殺す側に分かれる感じ。
・殺す側はリアルタイムに敵の配置を決めたり、罠を仕掛けたり、配置した銃で銃撃したりする。
 カード形式でどういう敵や罠を出すかデッキを組むのはちょっと楽しそうだと感じた。

【#ヒロインカード化計画 というツイッターのタグを追ったりしていました】

・面白そうだと感じた、テストプレイしているところを見に行きたいが人見知り発動中。
・企画とか、思考は形にするというか記録するのが大事。
 失敗しても失敗の経験を積めたということはプラスである。

【なぜやる気が起きないのか?】

・ゲーム制作は作り始めないとやる気が起きない。
 ちょっとずつ触るだけでも触るべき、イベントの中身はなくても配置だけはするとか、 
 キャラクターの絵を少しだけでも書いてみるとか。

追加で書くかもしれないけどとりあえず投稿。

【第六回路上杯】スト5のオンライン大会に参加してきた話



ストリートファイター5のオンライン大会
「路上杯」に参加してきました。

私の出た試合は
22:00~(使用キャラ:アビゲイル)と
38:00~(使用キャラ:ジュリ、バルログ)ぐらいから。

【使用キャラの選択について考えていたこと】

・どのキャラを使うか当日直前まで迷っていた。
 私がLP1500の壁を突破したときに使っていた春麗か、はたまた使い慣れたユリアンか。
 迷ったので他の人の使用キャラを予測して、相性の良さそうなキャラを出そうと考えた。
・当日の直前練習で春麗がまったく勝てず、アビゲイルとバルログが勝った。
 そこで、勝利のイメージが強いこの2キャラを選んだ。
 「アビゲイルはアーマーあるし、わからん殺しできるだろ~。
  リュウよりリーチあるし相性いいのでは?」
 「ジュリは弾抜けあるしナッシュに相性いいだろ~」
 「バルログは前回大会で
  "コーディーはトリガー使えばバルログと地上戦互角に戦える"と言われていた。
  つまり、トリガー無しならバルログ地上戦有利。
  "対コーディーで使うべきでは!"と思ってたらなんか使いたくなった。GO!」
 大体こんな思考だったと思う。

【私の使用キャラのアビゲイルについて考えていたこと】

・アビゲイルは、私がスト5今までプレイしてきて
「なんだかわからん殺しされたぞ」と感じることが多かったキャラ。
 ナイトローチャージってどうやって対処すればいいんですかね?
 それと、EXナイトローチャージってもっとどう対処すればいいんですかね?
 「対処がわからないときはどうするか……。
  対処がわからない技を自分が使えばいいんだよ!」
・と、いうことでナイトローチャージを出しまくる邪悪なプレイングでした。
 俺は……今日勝ちたい!強キャラも使うし強技も使う!
 でもめっちゃ接戦になってましたね。

 みどさん戦ってくれてありがとうございました~。

【私の使用キャラのジュリについて考えていたこと】

・溜めVスキル卑怯すぎませんか?
 あと、服と声がえっちすぎませんか?
・J大K→4大K→大天穿輪とか狙っていこう
・立ち中Kが強い

【私の使用キャラのバルログについて考えていたこと】

・バルログは中Pが牽制として優秀。
・6Pもリーチが長くて便利。
・J大Pから火力の高いコンボも繋がる。
・CAが前向きだけでなく後ろ向きでも出るという事を知らない人がよく引っかかる。
・バルセロナアタックは軌道が変えられて分かりづらい。
・動きも速いので格上相手に荒せるのでは?

 NSKさん戦ってくれてありがとうございました~。
 それと、ナッシュのVトリ2急停止投げどうすればかわせるんですか?

【試合後思ったこと】

・今出せるすべてを出し切った気がする。
・試合の前はいつも心臓がドキドキする。こんなに緊張するのは貴重だと思う。
・後、試合後興奮して深夜3~4時まで寝れない。
・楽しかった!

【路上杯について考えていることなど】

・2019/5/5にLP4000以上大会があるらしいので
 コーラとポップコーンでも買って気楽に観戦しようと思います。
 倒せー!潰せー!やっちまえー!
・今回、Vの方が来てて面白かった。
 Riara (リアラ)(外部サイト:https://twitter.com/RiaraVTuber)さん可愛かったし、
 大和 汰跋(オオワタバツ)(外部サイト:https://twitter.com/oowatabatu)さんはつよつよコーディだった。
 それに外部から参加してくださるのはめっちゃ楽しいですね。わーいわーい!
・Vの方はとても素敵なので、
 次回はみどさんとNSKさんもVの方になって立ち絵表示とかしてくれると素敵ですね!
 期待してます!(キラキラした目で無茶振りをしつつ記事を閉じる)

【第五回路上杯】スト5のオンライン大会に参加してきた話





ストリートファイター5のオンライン大会
「路上杯」に参加してきました。

私の出た試合は23:00~と1:06:00~ぐらいから。

【私の使用キャラのユリアンについて考えていたこと】
・デンジャラスタックルで移動して投げるのが強い。
 相手の足払いを躱せて、立ってる相手に攻撃もできるステップみたいなもの。
・EXチャリオットタックルとEXバイオレンスニードロップはスキが少ない。
 EXデンジャラスヘッドバッドは無敵持ち。ゲージはCAよりEXに吐こう。
・対空は、前中P、立ち大K、屈大Pでするらしいが全然やりかたがわからん。
 妥協案としてジャンプ中Kで落とせ!空対空として優秀だ!
・ジャンプ攻撃はJ大P→屈大P1段目→大デンジャラスヘッドバッド
 が簡単だが、ジャンプ攻撃なんてほぼ通らない。
 バイオレンスニードロップ使うか、デンジャラスヘッドバッドで近づこう。
・ジャンプ小Kはめくりになるぞ。というかこれしかめくりが無いぞ。
・Vトリガー2は
 屈中K→タイラントブレイズ→前中P→投げ(投げ回避されること有り)
 または
 タイラントブレイズ最大溜め(初段ガードクラッシュ有り)→屈大P→前中P→投げ(投げ回避されること有り)
 を狙っていく。
 相手のジャンプ攻撃にガードポイントを合わせるのもあり。
 適当に出してもガードポイントがかち合うことがあるので強い。

【試合後思ったこと】
・タイラントブレイズ最大溜めの後に屈大Pが出せていない。
・EXデンジャラスヘッドバッドの後に前中Pが出せていない。

知識としては持っていたが、とっさに動けなかった。
練習で体に染み込ませよう。

【チームについて思ったこと】
私はほろさんと古賀原さんと同じチームでした。
ほろさんのララとも古賀原さんのミカとも昔ラウンジで対戦したことがあるんですが、
両方ともめちゃくちゃ強くて歯が立たなかったので頼もしかったです。
やはり一度ラウンジで対戦しているとなんとなく親近感を感じて良いですね。

強さはお二方に全くかなわないんですが、
露出度だけは私のユリアンが一番でしたね。ありがとうございました~。

【路上杯について考えていることなど】
・次回大会2019/5/4らしい。
 今回大会時間がおよそ2時間でとてもちょうどよい感じだったが、
 今後人数が増えそうな気がするので気を付けないと長丁場になりそう。
・格闘ゲームの面白さは
 ー人間と対戦する(ランクマッチ)
 ー知り合いの人間と対戦する(バトルラウンジ)
 ー知り合いの人間と対戦してコメントを貰う(バトルラウンジ+チャットや通話)
 -知り合いの人間と対戦してコメントを貰い、それが動画として残る(路上杯)
と、いう順に、段階的に面白さが上がっていく気がする。
こう考えると、路上杯が楽しいのは当然な気もする。

大会は一度参加すればハードルが下がるが、参加するまでのハードルが高い。
また、格闘ゲームは強さに差がありすぎると何もできないのが難しい。
私は自分が何もできなくて負けてもゲラゲラ笑えるタイプだが、
大会に参加したことがない人は
「自分が何もできなくて場をしらけさせたらどうしよう」
と考えてしまうのが参加のネックとなるのかもしれない。

路上杯アーカイブ(私は第3回と第5回に参加)
https://www.youtube.com/playlist?list=PL2u_GolTUOM3s5bRzDsU7_ffvQKaEcx0Y

風と旅人のフィーストにゲームを投稿していたという話


なんかこんなイベントに参加していました。
まだ作者名は伏せられているのですが、
作者名伏せられるという事前情報がなかったので
普通に私のゲームは特定できると思います。ウゴゴゴ!
記事検索
最新コメント
ギャラリー
  • 地獄の果ての果ての果てv065(スキル追加、演出強化、操作感向上を少しずつやった)
  • hetero会(2020/8/17)
  • hetero会(2020/8/17)
  • hetero会(2020/8/17)
  • hetero会(2020/8/17)
  • hetero会(2020/8/17)
  • hetero会(2020/8/17)
  • hetero会(2020/8/17)
  • hetero会(2020/8/17)
アーカイブ