開発日記兼雑文置き場

ゲームを作るときの開発日記や色々な娯楽の感想を書きます。

雑文・アイデア

短編ゲームアイデアメモ【ヒロインに対する一考察】

タイトル:【ヒロインに対する一考察】
プレイヤーターゲット:アスロマ(私が見たい物語を作る、最低限私は楽しめる)、創作者。
コンセプト:魅力的なヒロインとは何かをコメディカルに提案する。娯楽中心であまり深いテーマはなし

立ち絵は素材、softalk音声で動画形式にし、ゲームする必要をなくせると良し。
ゲームであることにはこだわらない。

登場人物;5人

【現実世界側】
ベニテン:
女性、フリーゲーム制作者。エログロギャグシリアスなんでもござれの短編大量制作型。
ミューズの奴隷を公言し、面白い人間になってしまっている。

ニト島津(にとしまづ):
男性、フリーゲーム制作者。長編一つ作ってからは制作が止まっている。              
本人はそれほどおかしな人間ではないが、
おかしな人間を許容する力が強すぎるタイプのおかしな人間。

【創作世界側】
kithex(きぜっくす):
創作世界の主人公、改造人間で孤児院出身。
学生。人間名:木瀬 罰(きぜえっくす:キラキラネーム)
一般的な主人公にするつもりがベニテンによりどんどん変な設定を付加される

ヒロ=イン(ひろ=いん):お嬢様、ベニテンが考える魅力的なヒロイン。
ベニテンの嗜好の影響を受けて気がくるっている。コメディ枠

姫川 愛理:ニト島津さんの考える魅力的なヒロイン。
純粋清楚だが、ヒロ=インに突っ込みをいれたりしてキャラがぶれる。

======================================================================--
ベニテン(以下べ)「ラヴコメが書きてえええええええええええええ!」
ニト島津(以下二)「……書けばいいじゃないですか」
ベ「簡単に言いやがってえええええ!でも可愛いヒロインが浮かばねえんだよおおおおおお!」
べ「しかも私の考えるヒロインはなぜか人気が出ねえんだよおおおお!」
二「可愛いヒロインなんてパターンは決まっていると思いますけどねえ」
べ「一般的に可愛いと思うヒロインって俺はなんだか魅力を感じねえんだよ!」
二「……うーん」
二「じゃあちょっと思考実験しましょうか」
べ「なんだと!」
二「私とベニテンさんでお互いの理想と感じるヒロインを考えて物語を空想しましょう」
べ「ナイスアイデア!さすが!素敵!惚れねえけど!」
二「はあ……」

=

二「じゃあ、主人公を考えましょうか。こいつをヒロインが誘惑します」
べ「みもふたもない言い方だな、じゃあ名前はkithex(きぜっくす)で」
二「え!何人(なにじん)!?」
べ「怪人(かいじん)。悪の組織につかまって改造人間にされた。孤児だったが今は学生やってる」
二「いきなりぶっ飛んだ設定だな……物語まわるのかな?これ」
べ「人間名は木瀬 罰(きぜ えっくす)で」
二「キラキラネームだ!」
べ「キラキラネームじゃねーし!ふつーだし!俺の世界では!」 
二「ベニテンさんの世界は特殊すぎるんですよ!」

=

二「じゃあ、木瀬君とヒロインが出会うとこを考えましょう」
べ「時期は中二に進級したくらいで」
二「中学生だった!」
べ「クラス替えで新しい出会いがあるって感じでいこう」
二「じゃあここで私のヒロインを投入しよう。名前は
姫川 愛理(ひめかわあいり)
  黒髪ロングのいいとこのお嬢さん。美人で頭もいいよ」
べ「ふつうだな!」
二「普通でいいんだよ!木瀬君とは席が隣になったりとか、
  教科書忘れたのを見せたりとかで仲良くなるね」
べ「なんだその設定は……ラヴコメかよ」
二「ラヴコメやりたいって言ったのはあなたでしょうがー!」
べ「じゃあ私のターン!ドロー!」
二「はいはい」
べ「名前は
ヒロ=イン。紫髪ジャギーカットの成金。美人だが頭は変な方向にだけ良いよ
二「ふつうじゃないな……」
べ「ふつうじゃないだろ、えっへん(自慢げ)」
べ「木瀬君の後ろの席になったヒロは木瀬君の髪に小さく切った消しゴムをぶつけて仲良くなるね」
二「仲良くなれないよ!イラっとするよ!」
べ「ヒロもイラっとしてるんだよ!くっ私の前で見知らぬ女とイチャコラしおってからに……粛清じゃ!」
二「ヒロは木瀬君のなんなんだよ!クラス替えしたとたんにこれか!」
べ「ヒロはうっかり3階から飛び降りたのを木瀬に抱き留められて、木瀬がただものではないことに気付いているね」
二「なんで三階から落ちるかなあ」
べ「てふてふ(ちょうちょ)を追っかけていたら落ちたんだよ。ふつうだね☆」
二「大丈夫か……大丈夫なのかよそいつの頭は……あとベニテンさんの頭は大丈夫なのか……」
べ「あ!?」
二「なんでもないです」
 
=

二「じゃあ、なにか物語を進めよう。えーっとどうするかな」
べ「ヒロインが下校中に怪人にさらわれるとかでどうかな!」
二「ベニテンさん、ラヴコメやりたいって言ってたのになんで改造人間路線をおしまくるのか……」
二「まあいいや、じゃあ下校中にヒロインの悲鳴が聞こえて駆けつけたらヒロインがさらわれていたと」
二「姫川さんは最近だれかに見られてる気がするの……・とか事前に木瀬君に話を振っていたことにしよう」
べ「木瀬君は戦闘員を見て変身するが、数が多くて雑魚を倒している間にヒロインをさらわれるね」 
二「うん」
べ「くっ……俺の一兆度の火の玉を打ち出す力をもってしても姫川さんを助けることができなかった……」
二「ちょっと設定強すぎない!?ゼットンかよ!」 
べ「ビルの窓ガラスを割る程度の力を持つ火の玉だね」
二「一兆度の無駄遣いめー」 
べ「じゃあ私のヒロインのターン!」 


とりあえず停止。無難にまとまりすぎなのでもっとヒロインを狂わせよう! 

短編ゲームアイデアメモ:【偽者(にせもの)のチェインクロス】

タイトル:【偽者(にせもの)のチェインクロス】
プレイヤーターゲット:アスロマ(私が見たい物語を作る、最低限私は楽しめる)

世界観:裏切者のペケクロスと同じ世界
http://theki.webnode.jp/%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%83%A0%E4%B8%80%E8%A6%A7/%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%AD%E3%83%9E/

ただし、ペケクロスがちょっとエッチな少年漫画時空なのに対し、
偽者のチェインクロスはもっと悲しみのある時空(初代仮面ライダーくらいの暗さ)

ゲーム内容:一対一の戦闘が一回のみ
イメージ


使用予定音楽:戦闘曲:煉獄庭園(http://www.rengoku-teien.com/)よりMP3素材>ロック・メタル>薄情連鎖

キャラクター
主人公:フェイク・チェインクロス(黄色ベース:黄色は偽者の色である。偽ライダーとか)
正義堕ちしたチェインクロスのコピー。培養層を出たばっかり。
精神的に未熟。弱音、みっともない思考がめだつ
フェイク・チェインクロス


敵キャラ:チェインクロス(青色ベース)
チェインクロス


戦闘中思考(途中から悪側が主人公だとはっきりさせる、ターン数やHPの量で表示タイミングをはかる)
「私は半泣きだった。まったく勝てると思えなかった」
「私は虚勢を吐き出した。味方はすべて倒れていた」 
「私は組織で生きてきた。チェインクロスは裏切り者だ」
「私は超人と戦っていた。チェインクロスと戦っていた」
「私は正義と戦っていた。私は悪の怪人だった」 
「私は組織が怖かった。怖くて組織に従った」 
「私の名前はフェイク・チェインクロスだ。スペックだけなら勝っていた」 

物語:
メインストーリー:『一人の怪人が正義の味方になるまでの物語』
戦闘から開始。
勝利>主人公がチェインクロスを倒す。
   チェインクロスは死に際に主人公に鎖を打ち込み、自分の記憶を生まれたばかりの主人公に送り込む。
   主人公はその記憶を見て、ただ涙を流す。
          チェインクロスの生き方と悲しみと不幸と、それを踏まえて戦ってきた彼女の美しさを知る。

   後日、悪の組織の活動を妨害する主人公(電柱の上に立っている)。

   「チェインクロス……いや、奴は死んだはずでは!」
   主人公は少し考えてから名乗る
   「私はチェインクロスだ。
    ……偽者の、チェインクロスだ」
   電柱から飛び降りて戦場に向かうところでEND

敗北>主人公が失意の上で死んで終わり

ブレインストーミング記事

・なんだかブログを書く習慣が消えてしまってきているので、
 気楽に何か文章を書くために記事作成。

 何か適当に書く予定

 ・休み中ずっと寝ていたといっても良いくらいよく寝ていた。
 買い物にも行った。気力体力が大分回復したと思う。
・二連休だが実家に帰って食事たくさんとってすやすや眠って買い物に行ってと
 回復にばかりつかっていた。よしよし。
・もっと部屋を整理したい。快適度や集中力が下がってしまう環境になっている気がする。

 

架空のソープ体験記

ニーチェは言った、「我思う故に我あり」と。
クラーク教授は言った、「少年よ、大志を抱け」と。
北方謙三は言った、「ソープへ行け」と。
同居人のおっちゃんは言った「ソープへ行け」と。
社長も言った「ソープへ行け」と 

圧倒的多数の助言により、ソープとは何ぞや?我思う故にソープあり?
と、思ったアスロマはソープに行くことにしたのであった。

前日の夜にソープとヘルスの違いを調べるアスロマ。
ネットに頼るインドア人間だ。

ソープ:本番行為あり
ヘルス: 本番行為無し

「なるほど、そういう違いだったのか」
少し考えて口から言葉が漏れる
「正気か?」
 なにが正気なのか。それは言った本人にもわからない。

そんなわけで、社宅という名の壁の薄いアパートの一室からモノレールに揺られて20分。
駅前のソープ街にやってきたアスロマ。

少し歩くと、客引きは風営法で違反になったので中に入って女性の写真を見てくださいという看板を見つける。
風営法を守るのはきちんとした店なのだろう。警察仕事してるなあ。
などと考えながら中に入る。

いらっしゃいませーというバーテンダーみたいな服装の店員さんに
「いやあこういうところ初めてなんですよー」
と、社長がこういうと親切にしてもらえるよといった言葉をそのまま棒読みするアスロマ。

社長が「昼間だったら11000円ぐらい」と言っていたが本当に11000円でびびる。
10000円ぐらいではなくて11000円ぐらいという1000円の差に社長の情報力を感じる。

「あとは……おまかせで!」
アスロマ、渾身のぶん投げで第一関門クリアー。

=========================================================

……と、ここまで書いたがこれは架空のソープなのであった。
ここから先は君の目で確かめよう!(昔のファミコン攻略本風)

=======================================================
ムフフ~!
今回、スケベ侍アスロマが向かったのは九州地方の性のメッカ!
○○駅周辺で先月オープンしたヘルス○○ですぞ~!

美人美少女よりどりみどり、目移りするよなウハウハ店!

そんな中で拙者が選んだのは激カワGALのイズミちゃん(22)!
むむむ!顔を見ただけで拙者の愚息が抜刀状態!
愚息の構えは大上段!
しずまれい!しずまれい~~!

この仕事を初めて1年というイズミちゃん!
とはいえ技術は宮本武蔵級!
剣を数合交わしただけで、こりゃたまらんと拙者も満足!

可愛さ余ってエロさ100倍、
笑顔の可愛いイズミちゃんに
子枯らしアスロマ次郎にされてしまいましたぞ~!

(文責:スケベ侍アスロマ)

======================================================

と、頭の中でよくわからない文章をひねりだしながら、
今日もアスロマは平和に近場のSMクラブを検索するのであった。(完結) 

3分ゲーの企画について(花嫁の洞窟)

<3分ゲーの企画について>

分かりづらいと思いますが。簡単に説明。
と、いうか男しか出ないよ、しくじった!

タイトル:「花嫁の洞窟(仮題)」

物語:

一年に一度、化け物に花嫁として三人の女性を差し出さなければならない洞窟がある。
冒険者であるマリッジは町長に依頼され、花嫁の代わりとして洞窟に入り、魔物を退治する依頼を受けた。

しかし、それは町長の罠だった。

洞窟に突き落とされ、戻ることができなくなったマリッジは同じような境遇の4人の冒険者と合流する。
5人がかりなら化け物も倒せるかもと思いきや、化け物は神話クラスの強敵ぞろい。戦力が圧倒的に足りていない。

冒険者たちは自分以外の冒険者の評判を落とし、数の暴力で自分以外の冒険者を囮にして洞窟の脱出を目指す。

コンセプト:
3分で終わる短さでは、
・見た目の滑稽さ
・後は何となく面白く感じるようなわかりやすいミニゲーム
が良いと判断。
そこで、「結婚衣装を着せられた男性の冒険者達」という滑稽さでまずインパクトを残す。
あと、性格は全員薄情で、コメディ色を強く入れて暗くしないようにする。

【システム】

「行動選択」
・誰かの評判を落とす(自分以外の四人誰かの評判を下げる)
・反論体制
(誰かに評判を落とされそうになったときにカウンターで相手の評判をさげる。ただし、誰も狙ってきてなかった場合自分の評価が大きく下がる)
・パーフェクト・トーク
 (自分以外のすべての行動をキャンセルし自分への評判を上げる。
  ただし、同タイミングでパーフェクト・トークを使ったキャラがいた場合、両方とも打ち消される)

「ご成婚」
化け物に対して、評判の低いものが押し出され捕まる。後のことはご想像にお任せします。

「ブーケ」
化け物に捕まってしまった冒険者が投げる。
ブーケを受け取ったものは次に結婚する確率が高まる。簡単に言えば呪いである。

【マリッジ】
主人公・傭兵崩れの冒険者・守銭奴・青い髪
名前はマリッジ・ブルーから
「俺がメヒコで傭兵をやっていた時の話なんだが……」
「よっ!めでたいねえ!」
maridge.png

【ヴァン・アレンシュタイン】
闇僧侶・身分違いや異種族間の結婚を祝福しまくってきた・銀髪
「神もきっと貴方たちを祝福していますよ」
「貴方たちに幸おおからん事を……」
van.png

【ステキヨ(捨清)】
東の国から来た。
「いやー、西の国はおおらかでござるなあ」
「お似合いのかっぷるでござるな!」
sutekiyo.png

【未定(金髪)】
騎士見習いの少年。正義感に熱く、基本的に取り繕ったセリフを吐くが、肝心なところで自分の身が可愛い。
「君の犠牲は忘れない!」
「僕は……無力だ」

【未定(赤髪)】
(後に追記予定)
記事検索
最新コメント
ギャラリー
  • 地獄の果ての果ての果てv0.05(地下牢の基礎部分を作成。スカイハイ国、ダストボックス国のステータスを入れた。etc)
  • 地獄の果ての果ての果てv0.04(作戦、イベント、武将確認、ターンエンドの基礎部分を作成etc)
  • 地獄の果ての果ての果てv0.03(TKDさんから頂いた画像を使用。国の名前を決めた。敵を仮配置。バグ修正etc)
  • 地獄の果ての果ての果てv0.02(地域支配の基礎を作ったり、キャラ表示の基礎を作ったり)
  • めんたいさんでぃふぇんす完成おめでとう絵
  • めんたいさんでぃふぇんすっStage3簡易攻略(normalノーダメージ)
  • めんたいさんでぃふぇんすっStage3簡易攻略(normalノーダメージ)
  • めんたいさんでぃふぇんすっStage3簡易攻略(normalノーダメージ)
  • めんたいさんでぃふぇんすっStage3簡易攻略(normalノーダメージ)