開発日記兼雑文置き場

ゲームを作るときの開発日記や色々な娯楽の感想を書きます。

未見妖異譚

未見妖異譚

企画立案

Javaの練習も兼ねて、Javaで制作。
解放姫の方が優先。

前回書いた記事のゲームを洗練させる。
74e49bec.jpg


上段が1~12の使用スキル
中段はガード
下段は特殊スキル

・前回の記事から変えようと考えている箇所
-使用スキルのストック数に上限をつける(2/2とか)
-

・特殊スキル案
-ガード属性付与(ガードにグーチョキパーの属性が付く)
-特殊スキル最大5個に
-使用できる特殊スキル

ダイス+ジャンケンゲームメモ

自分用メモ。読んでもわけがわからないかもしれません。

・ゲームのルールメモ
 (ダイスとジャンケンを使う宵闇ウォーカーの進化版みたいなもの)

1対1の戦闘。HP基礎値15
相手のHPを先に0にしたほうが勝ち。

キャラクターはHP/最大HPの他に、
2から12の番号が振られた11個の使用スキルと、3個の特殊スキルを持つ。
使用スキルにはグーチョキパーエンペラーの属性とダメージを与えるなどの効果を持つ。

//戦闘の流れ
1ターン開始時に2D6(6面ダイス2個)を3回振り、出た目の使用スキルのストック回数を1増やす。
例:(1,2)(5,4)(3,4)だと3番目と9番目と7番目の使用スキルのストック回数を1増やす。


メインターンは同時行動である。

選べる行動は、
「ストックしている使用スキルを使用」
「2D6を振り、出た目の使用スキルを使用」
「ガード(ガードはフール属性を持つ、ダメージ半減、特殊効果無効、次ターン開始時自分の使用ストック増加+1)」
の3つ。

ジャンケン属性を参照し、強い属性を出していたほうがスキルの効果を発動する。
グーはチョキに勝ち、チョキはパーに勝ち、パーはグーに勝つ。
エンペラーはグーチョキパーに勝ち、フールはエンペラーに勝つ。
(ガードはフール属性で、相手がエンペラー属性の場合、打ち勝って次ターン開始時自分の使用ストック増加+1。
 グーチョキパーには負けるが、相手使用スキルのダメージ半減、相手使用スキル特殊効果無効、次ターン開始時自分の使用ストック増加+1)

また、ジャンケン属性が引き分けの場合、使用スキルの番号が大きい側が勝つ。番号が同じ場合カードの効果は双方発動されない。

2ターン目以降は開始時に2D6を1回振り、出た目の使用スキルのストック回数を1増やす。
前ターンにガードしていた場合は2D6を2回振り、出た目の使用スキルのストック回数を1増やす。

以下繰り返し。

//メモ
使用番号は7が一番出やすく、2と12が一番出にくい。
また、ジャンケン属性が引き分けのときには番号が低いほうが打ち負けるため、
2は最強クラスのスキル、3か12がその次に強い……というバランスにする。

特殊スキル案。
・体力が半分以下になった時に好きな番号のストックを1個増やせる。

使用スキル案(状態異常攻撃)
・毒……相手が2D6を振った時に特定の番号が出たら1ダメージを与える。

//やりたいこと。

・キャラクターのカスタマイズ。コスト内でスキルを付け替えできるようにする?
・javaによるオンライン対戦(難しいが価値はある)
記事検索
最新コメント
ギャラリー
  • 双葉の遺歌v067(空詠イベントを一つ追加)
  • 双葉の遺歌v066(プロフィール欄に書ける量を3行×20文字から26行×20文字に増量)
  • 双葉の遺歌v065(カエンイベントを一つ追加)
  • 双葉の遺歌v064(アハレイベントを一つ追加。イベントが9個までしか表示されていなかったバグを修正)
  • 双葉の遺歌v063(エンゼリーナイベントを一つ追加)
  • 双葉の遺歌v062(ブレンドイベントを一つ追加。パッシブスキル「双影撃」を追加)
  • 双葉の遺歌v062(ブレンドイベントを一つ追加。パッシブスキル「双影撃」を追加)
  • 双葉の遺歌v061(ワルツイベントを一つ追加)
  • 双葉の遺歌v060(ワルツイベントを1つ追加)